事業再構築補助金の申請支援

貴社の採択可能性をアップ!
税理士・中小企業診断士がまるごと支援
  • 成功報酬3.5%~7
  • 安心の完全サポート
  • 支援実績が豊富!
まずはご相談下さい(無料)

事業再構築補助金の申請をお考えの方
このようなお悩みはありませんか?

  • 事業再構築補助金の内容がよくわからない。詳しく教えてほしい。
  • 補助金を申請したことがないので、専門家のサポートが欲しい。
  • 事業計画書の作り方がわからないので不安。
  • 補助金申請にかかる費用はできるだけ抑えたい。
  • 事業計画書の作成だけでなく、採択された後の事務手続きまで全部面倒を見てほしい。
  • パソコンや事務処理が苦手なので、その点も踏まえたサポートをしてほしい。
  • 補助金を申請したことがないので、専門家のサポートが欲しい。
あなたのお悩みを一緒に解決していきます!
ひだまり会計事務所では、認定支援機関として、事業再構築補助金・モノづくり補助金・小規模事業者持続化補助金の申請のご支援をしております。
事業再構築補助金の支援では、税理士法人在職中も含め20社以上のお手伝いをしております。お客様のお悩みに親身にご対応させていただきます。

事業計画が採択されることで
お客様が得られるもの

  • 事業再構築補助金は過去に例のない大型の補助金です。思い切った設備投資で新規事業にチャレンジできます。
  • 事業再構築補助金は数百万円から数千万円の補助金を受けられるので資金繰りも改善します。
  • 補助金に採択される事業は成功する可能性が高いと認められた事業です。自信をもって新規事業を進めていけます。
  • 事業再構築補助金は数百万円から数千万円の補助金を受けられるので資金繰りも改善します。

補助金のお悩み
まるごとお任せください!

成功報酬は3.5%~7%!しかも追加費用なし!

着手金は税込み11万円、成功報酬は補助金申請額の3.5%~7%と格安な料金で、事業再構築補助金の申請から約1年後の補助金の入金まで支援します。

成功報酬は採択後支援と位置づけ補助金の入金までサポートしますので、お客様に追加で費用を請求することはございません。

万一不採択となり再挑戦される場合には、追加の着手金なしで採択されるまで何度でもサポートします。

審査項目を押さえた事業計画書!

事業再構築補助金の審査項目を押さえた事業計画書を作成しますので、採択の可能性が高まります。

審査員が一目で内容を把握できるよう、写真・グラフ・図表を多く使い、文字を少なくした見やすいフォーマットとしています。  

事業計画の策定は、ヒアリングを3回以上行い、ステップを踏みながらお客様の新事業に対するビジョンや目標、課題解決などをしっかりお聞きし、事業計画書に落とし込んでいきます。

初めてのお客様にも安心なフルサポート!

補助金の申請時には、事業計画書の作成はもちろんのこと、GビズIDの取得、電子申請のサポート、添付書類の確認、ミラサポ+の財務情報の入力までサポートします。

採択後の支援では、補助金の交付申請から実績報告、補助金の請求、初回の事業化報告まですべての業務についてサポートします。

「電子申請は支援してくれない」「交付申請以降は追加料金がかかる」など、後で困るようなことはありません。

当事務所が選ばれる5つのメリット

メリット:経営視点から事業再構築をご支援!
経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士でもあります。
税理士の会計税務に加え、中小企業診断士の経営戦略視点から貴社の事業再構築をサポートします。
メリット2: 代表税理士が直接担当します!
代表税理士が貴社の担当者として、事業計画書の作成から採択後のご支援まで責任をもってご対応します。途中でスタッフ対応になることはございません。
メリット3: 民間企業の豊富な実務経験!
上場企業の経理部長など豊富なキャリアを積んできました。
会社の実情に合った業績管理や事業計画作成などはお任せください。
メリット4: 専門機関のノウハウ活用!
全国1220以上の会計事務所が所属する「経営革新等支援機関推進協議会」のノウハウを活用し、個人の枠を超えたサポート体制を敷いています。
メリット: 話しやすい税理士です!
お客様のお悩みやお困りごとをしっかり聞かせて頂きます。上から目線や偉そうな態度はしませんので、お気軽にご相談ください。
メリット3: 民間企業の豊富な実務経験!
上場企業の経理部長など豊富なキャリアを積んできました。
会社の実情に合った業績管理や事業計画作成などはお任せください。

他社との違い

成功報酬 【A社】 成功報酬15% 
【当社】 成功報酬7% ※補助金3000万円超の部分は3.5%   

⇒格安な報酬でご利用いただけます!
採択後の支援 【B社】 交付申請、実績報告は支援の対象外。必要なら別途料金にて対応。
【当社】 交付申請、実績報告は資料の入手、整理から電子申請までご支援。

⇒補助金が入金されるまで責任をもってご支援します!
報酬のお支払い方法 【C社】 採択後に全額支払い。
【当社】 採択後に50%、補助金の入金後に50%支払い。

⇒資金繰りにも配慮した支払方法としております!
報酬のお支払い方法 【C社】 採択後に全額支払い。
【当社】 採択後に50%、補助金の入金後に50%支払い。

⇒資金繰りにも配慮した支払方法としております!

ご支援内容

補助金申請時の事業計画書の作成・電子申請のご支援はもちろんのこと、採択後の
補助金が入金されるまで親身にご支援させていただきます。安心してお任せ下さい。

事業計画書作成・電子申請のご支援

事業計画書を作成して補助金を申請するまでのご支援内容です。
事業計画書の作成はもちろんのこと、GビズIDの取得、電子申請のサポート、添付書類の確認、ミラサポ+の財務情報の入力までサポートします。
Step
1
事前相談(無料)
Step
2
お申し込み
Step
3
打合せ(3回程度)
Step
4
事業計画書の完成
Step
5
申請書の提出(電子申請)
Step
2
お申し込み

事業計画採択後のご支援

事業計画書が採択された後のご支援内容です。
補助金の交付申請から実績報告、補助金の請求、初回の事業化報告まで、およそ1年間にわたってすべての業務をサポートします。
「電子申請は支援してくれない」「交付申請以降は追加料金がかかる」など、後で困るようなことはありませんのでご安心ください。
Step
1
交付申請のご支援(採択後)
Step
2
実績報告のご支援(補助事業完了後)
Step
3
初回の事業化報告のご支援
Step
2
実績報告のご支援(補助事業完了後)

報酬料金

【着手金】 110,000円(消費税を含む)
【成功報酬(採択後支援報酬)】
・補助金申請額3,000万円以下の部分に対し、補助金申請額×7%
・補助金申請額3,000万円超の部分に対し、補助金申請額×3.5%
・最低報酬額330,000円(消費税を含む)
※補助事業完了後のモニタリング(年1回の事業化状況報告を含む)は別契約となります。

まずはご相談下さい(無料)

ごあいさつ

補助金の申請のご支援を通して
あなたを応援します。

代表税理士・中小企業診断士 中原 広一


ご訪問ありがとうございます


当事務所では、必要最小限のコストでプロのサービスを提供することによって、経営課題の解決を進めるお手伝いをさせていただくことを目指しております!
特に、認定支援機関として各種補助金の申請のご支援をしております。
補助金申請のお困りごとは当事務所までご相談ください。
お客様のお悩みに親身にご対応させていただきます。

アクセス

ひだまり会計事務所
住所:〒541-0048大阪市中央区瓦町1丁目3番2号HIGASHIBLD 221号室

・大阪メトロ「堺筋本町駅」から徒歩約5分

・大阪メトロ「北浜駅」から徒歩約8分

電話:06-4706-0050
携帯: 080-3769-8301
メール:問い合わせフォームにて

公式ホームページ:
https://hidamari-kaikei.com

お知らせ

よくある質問

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • 電子申請のサポートもしてもらえますか?

    補助金の申請時には、事業計画書の作成はもちろんのこと、GビズIDの取得、電子申請のサポート、添付書類の確認、ミラサポ+の財務情報の入力まで、補助金の申請に必要な業務範囲をすべてサポートいたします。
  • 事業計画書を作ったことがないが大丈夫でしょうか?

    事業計画書を作った経験がない方もたくさんおられます。事業の概要や貴社の強み弱みの把握から始めて、打ち合わせを数回行いながら事業計画書の内容を固めていきます。事業計画書への落とし込みは当方で行いますので、経験がなくても大丈夫です。
  • 申請の準備期間はどのくらい見ておいたらよいでしょうか?

    事業計画書の作成までに最低週1回3回の打合せは必要と考えています。事業計画書のブラッシュアップの時間も必要ですので遅くとも申請期限の1か月前には着手する必要があります。
  • 採択後にはどのようなサポートをしてもらえますか?

    採択後の支援では、補助金の交付申請から実績報告、補助金の請求、初回の事業化報告まですべての業務についてサポート致します。併せて、交付申請時や実績報告時の提出資料の収集や整理、確認のご支援も致します。
  • 補助金が入金されるのはいつ頃になりますか?

    採択後のスケジュールは概ね次のとおりとなります。

    交付申請→審査・交付決定→補助事業の実施(発注・納品・検収・支払)→実績報告→検査・支給の決定→補助金の請求→入金。

    補助事業の実施の期間(設備の発注から支払の完了まで)によりますが、数カ月から1年以上後とお考え下さい。その間の資金計画も考慮が必要です。

  • 成功報酬はいつ払ったらよいですか?

    当事務所では、採択発表日の翌月末までに成功報酬の50%をお支払いいただき、残り50%は補助金の入金後にお支払いいただくこととしております。
  • 申請の準備期間はどのくらい見ておいたらよいでしょうか?

    事業計画書の作成までに最低週1回3回の打合せは必要と考えています。事業計画書のブラッシュアップの時間も必要ですので遅くとも申請期限の1か月前には着手する必要があります。
まずはご相談下さい(無料)